整形外科とは

運動器で起きた疾患や外傷について取り扱う診療科が整形外科になります。
そもそも運動器とは、身体活動いわゆる日常生活上の運動において関わる部位、骨、筋肉、関節、神経などを総称した呼び名で、これらで起きたケガや病気によって運動器の機能が低下している状態を改善するための診療科となります。

具体的には、日頃から肩や腰が痛い、膝などの関節が痛む、外傷(骨折・脱臼、捻挫、腱・靱帯・神経の損傷のほか、擦り傷や切り傷、打撲なども)を受けた(交通災害や労働災害、自然災害も含む)、加齢による関節の変形性変化(変形性膝関節症)、骨粗しょう症、関節リウマチ、運動器に発生した腫瘍のほか、子どもによく見受けられる運動器の先天異常による先天性疾患など、運動器全般を小児からお年寄りまで年齢層に関係なく幅広く診療していきます。
なおスポーツが原因の運動器の傷害(スポーツ外傷、スポーツ傷害)につきまして、当院ではスポーツ整形外科での対応となります。

診察時は、まず問診でどのような症状があるかをお聞きし、全身や局所(症状のある部位)を観察する視診のほか、異常があるとされる患部を医師が触診していきます。
その際に神経学的診察(運動神経や感覚神経などの障害の程度を調べる)、関節可動領域の測定、徒手検査などの身体診察を行い、さらに詳細な検査が必要と判断すれば、画像検査(単純X線検査、CT、MRI など)、生体検査(筋電図、関節鏡、骨密度検査 など)、検体検査(血液・尿検査 など)を行うなどして、診断をつけていきます。

以下の症状があれば当診療科をご受診ください(例)

  • 肩や首がこる
  • 腕が上がらない
  • 首、肩、腕、肘、手などが痛む
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが痛む
  • 手や足などがしびれる、感覚が鈍い
  • 手足に力が入らない
  • 手指がこわばる、脹れている
  • 指を伸ばす時に引っ掛かる
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 切り傷、すり傷などの外傷を負った
  • 交通事故にあった、仕事中にけがをした など

リハビリテーションもご利用ください

また整形外科は、患部の治療を行うだけでなく、運動器で発生したケガや病気、あるいは手術等によって生じた機能障害を運動や物理的な器具を使うことで、可能な限り機能を回復させていくリハビリテーションも行っています。こちらもご利用ください。

症状別にみた整形外科領域の代表的疾患

首の痛み

  • 頸椎症
  • 寝違え
  • むち打ち症
  • 頸椎症性神経根症
  • 頸椎椎間板ヘルニア

肩のこり、痛み

  • 頸肩腕症候群
  • 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)
  • 肩腱板損傷

手のしびれ

  • 頸椎椎間板ヘルニア)
  • 手根管症候群

肘の痛み

  • 腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)
  • 肘内障
  • 肘部管症候群
  • 変形性肘関節症
  • 離断性骨軟骨炎

手・手首の痛み

  • 手根管症候群
  • 関節リウマチ
  • 腱鞘炎
  • 手指変形性関節症

手の指の痛み

  • ばね指
  • 突き指
  • デュピュイトラン拘縮
  • ヘバーデン結節

腰の痛み

  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 変形性腰椎症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 胸・腰椎圧迫骨折
  • 腰椎分離・すべり症
  • 坐骨神経痛
  • 骨粗鬆症

ももの付け根の痛み

  • 変形性股関節症
  • 単純性股関節炎

足のしびれ

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)

膝の痛み

  • 変形性膝関節症
  • 靭帯損傷
  • 半月板損傷
  • オスグッド病(小児)
  • 関節水腫
  • 関節ねずみ(関節内遊離体)

すねの痛み

  • シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

足の痛み

  • 足底筋膜炎
  • 扁平足
  • アキレス腱断裂

足指の痛み

  • 外反母趾
  • 巻き爪(陥入爪)
  • 痛風