院長あいさつ

当院は、43床の小規模病院ではありますが、高い診断能力と幅広い治療技術を有する医師、先進的で高度な治療技術をもつリハビリテーションスタッフを中心に、最新機器を駆使する放射線科、フットワークがよくきめの細かい気配りを信条とする看護部、味とバラエティーに富む自前の給食を提供する栄養課等々、プロ意識の高いスタッフによって構成されています。
我々の医療への思いは、我々が理想とする『GOOD HOSPITAL』すなわち「自分の家族が受けたいと思う医療サービスを提供する病院」を創りあげることであります。そのために、スタッフは一丸となって日夜努力を惜しみません。
そして、このスタッフの思い をさらに進化させるために、2015年3月新病院が完成しました。
100年を超える当院の伝統と地域の皆様からの信頼を大切に、皆様と共に歩む『GOOD HOSPITAL』をめざして精進していく所存です。

医療法人 親仁会 佐藤病院
理事長・院長 佐藤 俊介

佐藤病院について

佐藤病院は1915年に開院した整形外科・形成外科・リハビリテーションを中心としたコミュニティホスピタルです。

  • 外観左の写真
  • 外観正面の写真

特徴

佐藤病院は1915年佐藤外科医院として開院し、1952年佐藤外科病院、1987年佐藤病院と名称変更しつつ現在に至った整形外科・形成外科を中心としたコミュニティーホスピタルです。
当院は、100年の伝統と信頼を大切にし、高度な専門性を生かしつつ、診断から治療・手術さらにリハビリテーションに至るまで一貫した診療が行える体制を整え、地域に密着したコミュニティーホスピタルをめざしています。

診療科目は、整形外科・形成外科・内科があり、高い診断能力をもつ専門医が、最新機器(MRI・マルチスライスCT・X線骨密度測定装置等)を駆使しつつ、様々な病気や外傷に徹底した保存治療・先進的な手術治療を積極的に行っています。

さらに、栃木県内トップクラスの治療技術を持つスタッフと最新機器を備えたリハビリテーションセンターがあり、外来から入院、入院から外来へと途切れることなく一貫したリハビリテーションが可能です。

またスポーツ診・ペインクリニック外来を常設し、経験豊かな専門医が的確な診断を行い、保存治療・手術治療のみならずトレーニング方法に至るまで懇切丁寧に診療・指導しています。

病院概要

所在地
栃木県宇都宮市西3-1-11
電話番号
028-633-9261
メールアドレス
info@sato-hosp.jp
病院長
佐藤 俊介(東京慈恵会医科大学卒)
副院長
林 博之(東京慈恵会医科大学卒)
診療科目
整形外科 形成外科 内科
病床数
一般病床43床
医療設備
  • MRI
  • CT(マルチ)
  • X線骨密度測定装置
  • 上・下部内視鏡
  • 手術用顕微鏡
  • 超音波診断装置
  • 各種X線装置
  • 関節鏡
リハビリ基準
運動器リハビリテーションⅠ
指定医療
労災・生活保護・救急指定
看護体制
地域一般入院料3
関連 大学
  • 昭和大学
  • 自治医科大学
  • 獨協医科大学
  • 慶応大学
  • 順天堂大学
病院駐車場
駐車場40台完備

沿革

大正4年4月
宇都宮市日野町に先々代、佐藤幹治が佐藤外科医院を創立
昭和5年5月
宇都宮西1222番地、当地に佐藤外科医院を移転する
昭和27年4月
宇都宮西3丁目1番11号、当番地に医療法人 親仁会佐藤外科病院を設立
理事長兼病院長 佐藤幹雄
昭和44年3月31日
新病棟落成(鉄筋モルタル5階建て)
昭和61年1月15日
理事長兼病院長として佐藤俊介 就任
昭和62年4月 1日
佐藤外科病院より佐藤病院へ名称を変更
平成27年3月16日
新病院完成
  • 司法省蔵版●家断訟学(明治十三年八月印行)の写真司法省蔵版●家断訟学(明治十三年八月印行)
  • 日本近現代-医学人名辞典(1868-2011)泉孝英著の写真日本近現代-医学人名辞典(1868-2011)泉孝英著
  • 佐藤清一郎(日本近代医学人名辞典掲載)の写真佐藤清一郎(日本近代医学人名辞典掲載)
  • 佐藤幹治掲載新聞の写真佐藤幹治掲載新聞
  • 種痘機器の写真種痘機器

佐藤病院の歴史